BACK

EXHIBITION

PARIS SERA TOUJOURS PARIS ! エリオット ア―ウィット写真展

© Elliot Erwitt / Magnum Photos

© Elliot Erwitt / Magnum Photos

2012.2.3 FRI - 2.29 WED

12:00 - 20:00 無休 入場無料

INTRODUCTION

『「パリ変わらぬパリ、世界で一番美しい街」という歌があります。少し尊大な感じがするかもしれませんが、実際パリは本当にそうなのです。美しさはたいてい表面にありますが、そこに本質が宿ると強力な磁石になります。それこそが私が撮ろうとしているパリなのです—-。』 このように語るエリオット アーウィットは、フランスを愛する両親のもとパリで生を受け、幼い頃をミラノで過ごしました。陸軍に入りフランスに配属されたのをはじめ、今までに数え切れないほどパリを訪れ、パリに強い愛着を感じています。本写真展の作品の数々は、第二次世界大戦直後から今日に至るまで、愛機ライカを片手に何度となくパリを訪れる中で誕生していきました。アーウィットの”パリ”の写真には、古きパリと新しいパリがともに記録され、パリといえば連想されるようなロマンチックなイメージは伴いません。そこには、持ち前のウィットに富んだ観察力で、パリっ子とその犬の日常生活から、絶妙でしばしば喜劇的な一瞬が引き出されています。それは誰もみたことのない瞬間、見る者を深く考えさせ、物語を想像させます。本写真展では、近年出版された『Elliott Erwitt’s Paris』(teNeues、2010)から厳選した作品をご紹介します。

ARTIST

エリオット アーウィット
Elliot Erwitt

1928年ロシア人の両親のもと、パリで生まれる。ミラノで幼少時代を過ごした後、再びパリに戻り、1939年に家族とアメリカに移住。10代を過ごしたハリウッドで写真に興味をもつようになり、暗室助手を務める。ロサンゼルスのシティ・カレッジで写真を学んだ後、1948年ニューヨークへ移住。ニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチにて授業料を支払う代わりに用務員を務めながら映画を学ぶ。1949年、フランスとイタリアを旅し、写真家として活動を始める。1951年兵役でドイツとフランスに駐留、服務中も写真を撮っていた。1953年、25歳の若さでロバート キャパに推薦されマグナム・フォトに参画。1960年代後半の3年間会長を務める。1970年代からはドキュメンタリー映画やテレビ番組なども手掛けるようになる。作品はウィットとユーモアに富んだ人間味あふれるもので、ジャーナリステイックなエッセイからコマーシャル、ファッションの撮影まで、幅広く活躍している。2007年『パーソナルベスト パーソナルチョイス』展をシャネル・ネクサス・ホールにて開催。2011年ニューヨークの国際写真センター(ICP)より、功労賞受賞。これまでに20冊以上の写真集を発行、作品は世界各国の美術館に収蔵されている。

REPORT

INFORMATION

関連イベント

「フォト・ヨコハマ2012」にて特別企画エリオット アーウィット・スペシャルウィーク開催予定。
トークショー等、詳細はHPにて。