BACK

ジャン フレデリックJean-Frédéric Neuburger

ピアノ

ジャン フレデリック
1986年生まれ。8歳からピアノを始める。パリ音楽院でJ=F・エッセール、J・ケルネル、I・ゴラン、Ch・イヴァルディ、M=F・ブッケに師事。17歳で卒業、ピアノ、伴奏、室内楽の各クラスで最高位を受賞している。2001年のモーリス・ラヴェル・アカデミーで注目を集め、2004年ロン=ティボー・コンクール第3位、2006年のヤング・コンサート・アーティスト国際オーディション優勝。同年12月、ニューヨークのカーネギーホール、ワシントンDCのケネディ・センターでリサイタルを開催、アメリカ・デビューを果たし、非常に高い評価を得た。 
また、数々の一流音楽祭、例えば、オーヴェル・シュル・オワーズ、モンペリエ・フランス放送、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ、メントン、オランジェリー・ドゥ・ソー、バガテルのショパン・フェスティバル、ラ・フォル・ジュルネ(ナント、リスボン、東京)、ドュシニキ・ショパンなどで演奏を重ねるほか、ルーヴル美術館、オルセー美術館、ブッフ・デュ・ノール劇場、ダルムシュタットのショパン協会などでもリサイタルを開催、2007年11月には、東京のサントリーホールでリサイタル・デビューを予定している。
これまでに数々のオーケストラと共演、ニューヨーク・フィル、フランス国立放送フィル、ロンドン・フィル、上海フィル、モンペリエ国立管、フランス国立管などがあげられる。2007年11月にはリヨン管と日本ツアー、2008年には、リエージュ・フィルとメシアンを、ロンドン・フィルとブラームスを共演する予定である。
際立つ表現力と明瞭さに加え、並外れて成熟した音楽と、止むことのない好奇心によって、20歳という若さながら、既にかなりのレパートリーを持つ。
16歳で録音したデビューCD『ショパン:練習曲全集』は、過去の名盤にもひけをとらない。2006年3月には2枚組CDをリリース、ショパン作品とリサイタルのライブ録音が収められている。最新盤は『ツェルニー練習曲集:The Art of Finger Dexterity』で、近日『ブラームス作品集』をリリースする予定である。

(2007年7月現在)